Archive for 写真データを長期保存しよう

写真・画像データをプリントしてマグカップやスマホケースなど、オリジナルグッズを作っちゃおう!




手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

撮った写真を使って世界に一つのグッズを!

ネットの写真プリントで今人気なのが「Vistaprint.jp」(ビスタプリント)。
ビジネス系の販促品(名刺や)の作成やホームページの作成など、多岐にわたる事業展開をしている印刷会社ですが、ここのネットプリントサービスがすごく魅力的。
ありとあらゆるものを印刷してもらえます。
ラベル・ハガキ・カード・チラシ・パンフレットはもちろん、オリジナルのフォトブックオリジナルのマグカップスマホケースまでつくれちゃいます!
他にもマウスパッドマグネットなんかも作れたりして、楽しさ満載です。
↓安っぽくなくしっかりデザインされててオシャレなマグカップです。

結婚記念日や誕生日の贈り物にも最適だと思います。

今は格安キャンペーン中

今はキャンペーン中(2014/8/27現在)で、
スマホケースのプリントが
 1,780 → ¥890
マグカップが
 1,880 → ¥940
と、半額になってます。
この機会に何か試しに作ってみてはどうでしょうか。
ビスタプリントは元々名刺プリントが便利で有名だったりしますが、ネットの注文だけでできるサービスで、ここまで多岐に展開している印刷会社さんも少ないのでチェックしておきたいですね。
個人的にはやはりオリジナルのスマホケースがオススメです。
愛犬やかわいいお子さんの写真もそうですが、自分の好きなキャラクターや景色の写真などを使ってオリジナルのものを作りたいです。

Vistaprint.jpのWEBサイト

Picasaのインストール手順と初期設定など

Picasaをダウンロードする

まずは下記URLより「Picasaをダウンロード」をクリック。

http://picasa.google.co.jp/intl/ja/

「ファイルを保存」して、保存したセットアップ用ファイルを開きます。(「picasa39-setup.exe」というようなファイル名になる筈です。)

その後、そのファイルをダブルクリックして「実行」します。

 


ライセンス規約の画面になりますので「同意する」を選択。

 


そして「インストール」を選択すると新ストールが始まります。

 


特に問題なければ「Picasa○(バージョン)セットアップウィザードは完了しました」と出ます。

続けて初期設定をして、写真を一覧化できるようにPC内のスキャンに進みたいと思います。

デスクトップかクイック起動のどちらかで起動できれば良いと思いますので、
ここでのおすすめは「クイック起動にショートカットを追加」と「Picasaを実行」のみにチェックです。

 


「完了」をクリックして次に進みます。

 

PC内の写真をスキャンしてPicasaで写真を一覧化

下記のような画面になりますので以下どちらかを選択してください。

 

 

■「マイドキュメント、マイピクチャ、デスクトップのみをスキャン」を選択する場合
PCのマイドキュメント、マイピクチャ、デスクトップのみをスキャンして、その中にある画像ファイル動画ファイルを読み込みます。

デジカメなどから移した写真等がマイドキュメント、マイピクチャ、デスクトップにある場合はこちらを選択して下さい。

おすすめはまずはコレ!デジカメで撮った写真をPCで整理しようの記事でもご紹介していますが、マイピクチャ内に日付のフォルダを作成して保存しておき、こちらを選択するとスムーズで良いでしょう。

 

■「コンピュータ全体の画像を検索」を選択する場合
PC内にあるすべての画像ファイルと動画ファイルを読み込みます。

昔のファイルや写真などのフォルダがPC内で他にもある場合に使用します。
すべてのフォルダをくまなくスキャンしますので、別のプログラムで使用している画像や動画なども一覧化の多少になります。
ご家庭を持つ男性の方はムフフな画像や動画がPC内にある場合は必ず避けましょう。(旦那さんとPCを兼用している奥さんは旦那さんの趣味を知るチャンスです!)PC内の画像をすべてスキャンしてしまいます。

という事で、PC内の写真の保存状況によってスキャンしたい対象が変わりますので、適した方を選択して「続行」をクリックしてください。
次に今後Picasaの対象とする拡張子を選択します。
特に希望が無ければ下記画像のように「jpg」「bmp」「gif」「png」「tif」「webp」の6つを対象にすることをおすすめします。

※ここで選択した拡張子のファイルは、ダブルクリックでプレビューする際、以後Picasaのプレビューワを使用して開くようになります。いままで同様のプレビューワを使用したい方は「Picasaフォトビューアを使用しない」にチェックを入れて「終了」をクリックしてください。

 


バックアップを促す画面が表示されますが「後で行う」を選択します。

 


そうするとこのような↓画面になり、スキャンが始まります。

 


スキャンを終えると一覧化された写真を確認できます。

これで簡単に欲しい写真も簡単に見つかり、編集やスライドショーもできる状態となりました!

ですが、PC内のデータだけでは保存方法としては不安です。PCに何かあった際、データも一緒に飛んでしまうかもしれません。
必ず外付けHDDなどにフォルダをまるっとコピーするなど、バックアップをとっておきましょう。

無料で写真整理に最適!PC内の写真をフリーソフトで簡単管理、GoogleのPicasaとは


手軽さ
楽しさ
コスト
保存期間

Googleの写真や動画を整理、編集するフリーソフトPicasa

デジカメで撮ってPC内に保存されたデータがたくさんある時、見たいものを探して手間取った事があると思います。
そんな時におすすめの写真管理フリーソフトがGoogleのPicasaです。
PicasaとはGoogleが提供している写真や動画を整理、編集するフリーソフトで、起動するとPC上の画像の保存されているフォルダを自動的にスキャンして、それぞれフォルダ名や日付ごとに仕分けられた一覧になり、検索・編集できるようにしてくれます。
各フォルダにラベルを付けてグループ管理したり、ドラッグ・ドロップで簡単にアルバムを編集できます。
何より数ある写真がとても見やすくなり、どこのフォルダにあるか見つけやすくなるので、大量の写真や動画を撮る方に大変おすすめです。

ウェブとの連携もあったりと多機能

ネット上の「Picasaウェブアルバム」やGoogleが提供しているブログサービスBlogger等と連携して、簡単に投稿できるようになっている点もブロガーやGoogle+ユーザー、ネット活用者に人気です。
また、CD・DVD等のメディアへの書き込み、簡単な写真加工、プリンタでの印刷、スライドショー付きのCDを製作したりと、写真をPC上で管理する上には必要な機能を一括して持っている所がとても重宝できる点です。
一覧からPhotoshopにドロップするだけで対象の画像が開けたりするので、サイト作成に携わる方など、無料素材等で大量の画像を持っている方にもおすすめです。
Picasaのダウンロードとインストール手順については以下の別記事で紹介しています。
とても便利なので一度試してみてはいかがでしょうか。
Picasaのインストール手順と初期設定など

写真屋さんでアルバムを作ってもらおう!


手軽さ
楽しさ
コスト
保存期間

写真屋さんでプロのアルバムに変身

まずはコレ!デジカメで撮った写真をPCで整理しようにもある通り、データをPCへ移行する時点で予め月別のフォルダ等を作成しておきます。
その中からお気に入りの写真をいくつか選び、写真屋さんへSDカードを持っていき、フォトアルバムにします。
写真ひとつひとつは小さくなりますが、わざわざ大きく印刷しなくてもいいんだけど、ふとした時に見返したいような写真を見るには最適です。
また、ピントがずれてボケてしまった写真も、これならいくらか恰好がついてオシャレな感じになります。
表紙用に最も気に入った写真を自宅でA4サイズに拡大印刷したものを持っていき、一緒に製本してもらうと良いでしょう。

フォトアルバム用のグッズを買って自宅で作成

本や写真の大きさやカバーなども選べますので、少し凝り性な方でも十分満足できるようなできになると思います。
また、今では子供の生まれた日、身長体重や、お腹の中のエコー写真や生まれた時の手形・足形などをまとめてアルバムにするサービスもありますので、子供が大きくなった時や、結婚する時に最適ですね。
だいたいはネットサービスも行ってますので、持っていくのが面倒という方はネットで済ませても良いと思います。

外付けHDD(ハードディスク)に保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

絞り込む手間もなく、一気に保存

枚数が多く、加工・編集を行う方、または色々と作業を行うのは面倒だという方におすすめ。
最初に1万円ほどのお金はかかりますが、大量のデータを保管・保存できる事を考えれば比較的安価です。また、すぐ読み込むことができ、もしもの時の復元用のバックアップとしては最適です。
何より、今写真が入っているフォルダをまるっとコピーして移すだけで良いですから、色々ある中から写真を絞る手間がありません。

最大の懸念点は保存期間

劣化、機械的なトラブルが起こることもあり、長期の保存を1台で行うのは厳しいかもしれません。
たいていのHDDは3、4年ほどで故障するリスクがあるため、万全を期すなら定期的に新しいHDDに変更するか、2台用意しておくのがベストだと言えます。
(とはいえ管理人の所有しているポータブルHDDは安ものでしたが6、7年持ってます。)
その際はメーカーや型の異なるものを選ぶことで、同時に寿命がくることのないようにしましょう。
また、そういった万一の際にはHDDのデータ復旧を行う専門業者もいますので、頼んでデータを復旧してもらう事もできるかもしれません。

おすすめハードディスク

以下、写真保存という用途を踏まえておすすめのハードディスクをご紹介します。(リンク先はアマゾンです。)
特にこだわりなく「長期保存できて丈夫なもの」という感覚であれば、一番おすすめはこちら、

TranscendのM3シリーズ、ポータブルハードディスク
です。
三年保証がついていて、衝撃にも強い。価格としても1万円弱と、なかなかのコストパフォーマンスです。
このサイズであれば気軽に持ち運びもできるので、ちょっとした時のファイル共有に重宝します。

「もっと価格を抑えたい」という方はこちら。

BUFFALOのポータブルハードディスク
です。
BUFFALOの製品はコスパが良い事で知られています。価格が安いので「それなりのもの」といった印象の方もいらっしゃると思いますが、こちらの製品は割と長期保存でも使える方かなと思います。

基本、管理人のおすすめはポータブルです。
理由としては家族同士やママ友同士で写真を共有する際に、ぱっとPCとつないで確認して「これちょうだい」「あれちょうだい」とできるのもハードディスクのメリットだと思いますので、ポータブルを推してます。

DVD、BD、CD等に記録して保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

きちんと保管すれば長期の保存も

容量で言えばHDD(ハードディスク)よりは小さいですが、DVD-R・CD-R・BD-Rは高い品質の製品を使用して正しく保管できれば、長い期間での保存も可能です。
その寿命は約10年以上と言われていますが、直射日光や高温・多湿を避けることが重要です。また、傷や汚れ、ほこりにも注意が必要となりますので、専用のケースなどに保管するのがお勧めです。
写真をあまり撮らず、その枚数があまり多くない人、もしくは撮っても編集などをあまりしない方にお勧め。

最大の難点は読み込み

かつて使用されていたフロッピーディスクは、今では読み込む専用の機器を購入しなければなりません。
それと同様に、現在使用されているDVD-RやBD-Rに関しても、今後のIT技術の発展により気軽に使用できなくなるかもしれません。
そのため、定期的に最新のメディアへバックアップをとることが必要となりそうです。
尚、写真の保存に使用するDVD-RやCD-Rは、いわゆる激安系の大量買いは危険です。品質が悪く、長期保存には向いていません。おすすめの製品は日本の「太陽誘電」というメーカーが良いです。盤面に特殊なハードコートを施していて、傷・汚れに強いです。

↓アマゾンの「太陽誘電」の一番ベーシックなDVD-R。消耗品なのでまとめ買いがおすすめです。

WEBサービスでフォトブックを作成する


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

フォトブックはWEBで手軽に作成できる!

PC内にある写真データを元に、WEBサービスを利用して簡単にフォトブックが作成できます。
WEB上で編集でき、簡単な操作で誰でも作成できるサービスが充実しています。
たくさんの写真から絞り込む作業も、レイアウト作業もサポートしてくれる機能が付いてますので、作業時間もスピーディです。

劣化しにくく、保存期間も長い

デメリットは手元に届くまで割と時間がかかる点。平均的に一週間から2週間程度で届くものがほとんどです。
しかし、その出来栄えは自分で1から作成するには真似できないクオリティのフォトブックとなるため、保存期間はピカイチです。
種類も豊富なため、自分にあったお洒落なフォトブックを作って、贈り物にするのもおすすめです。

おすすめのフォトブック作成サービス

あまり知られてないけど、ネットでおすすめのフォトブック作成サイトをいくつかご紹介します。

フォトレボ
自由に写真をレイアウトできるので思い出をストーリーでまとめられるというサービス。無料フォトブック作成素材ですので追加料金もなく、コスパが良いです


デパ帳
画質にこだわる方はコチラ!
Canon製最新型フォトプリンター「ドリームラボ」を採用することで実現した高画質が魅力。基本色CMYKの4色に加え、フォトシアン、フォトマゼンタ、灰色と、7色のインクを使う事で ビビットカラーもすごくナチュラルです。これまでに難しいとされた黄色の色相も鮮やかに表現されます!


しまうまプリント
先日、TVにも取り上げられた人気の写真プリントサービスです。年中無休のスピード発送が一番魅力だとおもいます。




こだわりたい人、簡単に作りたい人、様々だと思いますので、自分にあったフォトブック作成サービスを活用して、お気に入りのフォトブックを作ってみてください!

自宅プリントでフォトアルバムに保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

クリエイティブな方にお勧め

自宅プリントの醍醐味は、自分で撮った写真を自分で仕上げていく楽しみが一番。
写真加工のスキルがある方の場合は、写真を加工して色の具合を微調整することも可能です。
自宅プリントの場合は用紙代・インク代を合わせて写真一枚あたり約17円程度、自宅プリントの場合はいつでもすぐにプリントでき、人にはあまり見られたくない写真も見られずに処理できます。
アーティスティックな用紙にこだわったり、印刷の方法を変えてみたりと、クリエイティブな意欲を刺激されたい方にはとてもお勧めです。
自分で作業する分、紙に費用をかけてこだわりにこだわりぬいた写真を1枚作成してみるのも良いかもしれません。

おすすめはコレ!

EPSON Velvet Fine Art Paper KA310VFA A3サイズ 10枚入り


EPSONのサイトにある用紙選びのページでも紹介されている通り、超高品質な印刷用紙。インクジェットで一枚にこだわり抜くには選択肢に入れておきたい。

IJP用紙 スーパーファイングレード両面印刷厚手A3

家族で写真整理を楽しもう

写真を家族皆で整理しながらワイワイ楽しめるのもメリットの一つです。
撮った写真を見て、思い出話をしながら整理すれば、家族の絆もより一層深まります。
また、絵本やスケッチブックに、テープやシールでデコレーションして、オリジナルのフォトアルバムを作成するのも楽しいですね。

ネットプリントでフォトアルバムに保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

超王道の整理・保存方法はやっぱり鉄板

定番の整理・保存方法、プリントしてフォトアルバムを作成するメリットは、何といっても物理的なダメージの強さ。
データ保存は機器の寿命との戦いであり、手元に保管する状況の中では最も劣化に強い保存・整理方法だと言えるでしょう。
紙の保存は昔の書物が示す通り、長期的に見ればとても効果的。保管状況によっては半永続的な保存が可能です。
特別な機器が不要で、折れ曲がりや一部の欠損があっても、見ることは可能。
デジタルになった今だからこそ紙の良さが際立っています。

ネットプリントはコスパも断然良い

コストパフォーマンスの面からみても、ネットプリントを利用すればなんと1枚5円からできるところもあります。
ですので、自宅プリントよりも断然お得。
その価格で耐久性に優れた綺麗な仕上がりの良い写真をフォトアルバムに残せれば、親から孫まで楽しめる、とても素敵な思い出になりますね。