外付けHDD(ハードディスク)に保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

絞り込む手間もなく、一気に保存

枚数が多く、加工・編集を行う方、または色々と作業を行うのは面倒だという方におすすめ。
最初に1万円ほどのお金はかかりますが、大量のデータを保管・保存できる事を考えれば比較的安価です。また、すぐ読み込むことができ、もしもの時の復元用のバックアップとしては最適です。
何より、今写真が入っているフォルダをまるっとコピーして移すだけで良いですから、色々ある中から写真を絞る手間がありません。

最大の懸念点は保存期間

劣化、機械的なトラブルが起こることもあり、長期の保存を1台で行うのは厳しいかもしれません。
たいていのHDDは3、4年ほどで故障するリスクがあるため、万全を期すなら定期的に新しいHDDに変更するか、2台用意しておくのがベストだと言えます。
(とはいえ管理人の所有しているポータブルHDDは安ものでしたが6、7年持ってます。)
その際はメーカーや型の異なるものを選ぶことで、同時に寿命がくることのないようにしましょう。
また、そういった万一の際にはHDDのデータ復旧を行う専門業者もいますので、頼んでデータを復旧してもらう事もできるかもしれません。

おすすめハードディスク

以下、写真保存という用途を踏まえておすすめのハードディスクをご紹介します。(リンク先はアマゾンです。)
特にこだわりなく「長期保存できて丈夫なもの」という感覚であれば、一番おすすめはこちら、

TranscendのM3シリーズ、ポータブルハードディスク
です。
三年保証がついていて、衝撃にも強い。価格としても1万円弱と、なかなかのコストパフォーマンスです。
このサイズであれば気軽に持ち運びもできるので、ちょっとした時のファイル共有に重宝します。

「もっと価格を抑えたい」という方はこちら。

BUFFALOのポータブルハードディスク
です。
BUFFALOの製品はコスパが良い事で知られています。価格が安いので「それなりのもの」といった印象の方もいらっしゃると思いますが、こちらの製品は割と長期保存でも使える方かなと思います。

基本、管理人のおすすめはポータブルです。
理由としては家族同士やママ友同士で写真を共有する際に、ぱっとPCとつないで確認して「これちょうだい」「あれちょうだい」とできるのもハードディスクのメリットだと思いますので、ポータブルを推してます。