DVD、BD、CD等に記録して保存


手軽さ 楽しさ コスト 保存期間

きちんと保管すれば長期の保存も

容量で言えばHDD(ハードディスク)よりは小さいですが、DVD-R・CD-R・BD-Rは高い品質の製品を使用して正しく保管できれば、長い期間での保存も可能です。
その寿命は約10年以上と言われていますが、直射日光や高温・多湿を避けることが重要です。また、傷や汚れ、ほこりにも注意が必要となりますので、専用のケースなどに保管するのがお勧めです。
写真をあまり撮らず、その枚数があまり多くない人、もしくは撮っても編集などをあまりしない方にお勧め。

最大の難点は読み込み

かつて使用されていたフロッピーディスクは、今では読み込む専用の機器を購入しなければなりません。
それと同様に、現在使用されているDVD-RやBD-Rに関しても、今後のIT技術の発展により気軽に使用できなくなるかもしれません。
そのため、定期的に最新のメディアへバックアップをとることが必要となりそうです。
尚、写真の保存に使用するDVD-RやCD-Rは、いわゆる激安系の大量買いは危険です。品質が悪く、長期保存には向いていません。おすすめの製品は日本の「太陽誘電」というメーカーが良いです。盤面に特殊なハードコートを施していて、傷・汚れに強いです。

↓アマゾンの「太陽誘電」の一番ベーシックなDVD-R。消耗品なのでまとめ買いがおすすめです。